White Beauty《まったく染めないだけが、染めないグレーヘアではない》

chiffon-color

グレーヘアが微妙で難しい理由

白 グレー 黒は無彩色。色味のない明るさだけの色です。
ど真ん中の支柱の色なので、安心感 安定感はバツグン。
ただ無彩色なので、’彩‘や色味の’味‘に欠けるので、躍動感、温度感など気分や融通性は感じ難いです。
髪色の場合、ほとんど白だと光を透すので煌めいて、男女を問わず神々しく美しく、艶やかな黒髪は神秘的で、共にスピリチュアルなものまで感じて、見惚れてしまいますね。
グレーは、明るさを調整する色、質感を和らげる色なので、まさに白黒つけず印象はずっと曖昧になるので、グレーヘアは微妙で[ムズカシイ…]
白髪のイメージの<老けて見える>と言うのもあるけれど、実際には顔の印象があいまい=ぼける』ので、老けて見えてしまうように感じます。活力、元気エネルギーを感じられなくて、衰えて見える。

活力を感じる艶ありグレーヘアにするコツ

白髪を隠さない、染めないグレーヘアを選ぶ場合、
見た目に『活力』を感じる『色味-有彩色』を加えるたとえば綺麗な色、鮮やかな色の洋服やスカーフ、アクセサリーなどつけると印象は『ぐっと』上がります
モノトーンやアースカラーでシックに知的に(無難に)まとめるほど、くすんで老けて見えます
画像の方は、白髪率55% 硬くて多い髪です。縮毛混じりで艶もでにくく、くすんで見えるのを避けるため、少しだけ色を使います。
軽くするため、長短つけた長い髪のほうに、全体少なめ細めに締める色と綺麗な色を入れています。
わずかな色味でもグレーのあいまいさが打ち消されて、白髪も艶ありにきれいに見えてきます

少し色味を加えただけで、顔の印象が明るくなる!

髪にも労力にも負担がかかるヘアカラーはやらない、
自然なまま染めない グレーヘア、もちろん「あり」です。
でも、伸びてきても手当てしなくて良いのなら、
色が落ちてきて薄く地模様のようになって、素材感を作ってくれるのなら
顔の印象ががぜん明るくはっきり見えるなら、
少しだけ色味を入れる、きっと 『 good!』 と気にいると思います。     
毎日機嫌良く暮らして、よく眠る!     
おばさんと呼ばせない!

chiffon-color

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 初めまして、ブログ部®を運営する みけねこ屋と申します。
    本日は、記事を拝見させて頂きました。
    swellを使ってらっしゃるみたいで、綺麗にまとまっていますね。私も、乗り換えようか迷っているところです。

    これからも、よろしくお願いします。

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる